×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

進研ゼミ マナビジョンでメルナビを受け取ろう!情報!

進研ゼミ マナビジョンでメルナビを受け取ろう!

カテゴリー :進研ゼミ マナビジョン

進研ゼミ ベネッセ マナビジョンではメルナビというサービスがあります。あなたの受講スタイルにあった情報を定期的にメール(PC/携帯)でお届けするサービスです。タイムリーなキャンペーンなどのお得情報もお届けします。
高1・・・授業や定期テストのタイミングに併せてアドバイスが届きます。「独りじゃない」感じがしてホッとする。頑張ろぅ!!って気持ちがわいてきます! 進研ゼミをどのように使えばよいのかが理解できます!
高2・・・高2ライフを充実したものにするための情報を届けてくれます。『志望大学レベル別のアドバイス』は、自分が、今何をしたら良いのか、くわしく書かれているので、とっても役に立ちます!
受験生・・・ 毎月、キミのプランにあったミッションが届きます。 メールがあると頑張ろうって意欲がわきます。「今月のミッション」で今するべきことが分かるのでありがたいです。
これらのサービスを受けるためには、きちんとメールアドレスを登録することが大事です。メールが届かないような場合はどこかに必ず不備があるので、確認してみてくださいね!

コラム > 進研ゼミ マナビジョンでメルナビを受け取ろう!について書かれています。

進研ゼミ 赤ペン先生って?

カテゴリー :進研ゼミ 赤ペン先生

進研ゼミといえば、何といっても赤ペン先生。昔から「赤ペン先生」の名前で有名ですよね。毎月子供たちが送る模擬テストを採点・指導して送り返してくれる先生なのです。超難関の試験を突破した人だけがなれる、ベネッセの資産とも言える赤ペン先生は、その数18000人にものぼるそうです。ベネッセ社員の9倍にも上ります。
毎回違う赤ペン先生がその都度対応するのではなく、生徒1人に対し1年間の担任制をとっています。何人の生徒を担当しているかは赤ペン先生のトップシークレットだとか!ここで、ちょっとだけ採点を見せてもらうと…赤ペン先生専用の万年筆を使っていました。字の美しさも、赤ペン先生の売りの一つなのだそうです。的確なアドバイスは当たり前のことで、「もう一息だね!」などといった、最後に書き加える一言が重要なんだそうです。赤ペン先生になるためには模擬試験もあり、応対が優しい人を採用しているということで、誰もがなれるものではなく、とても狭き門だそうですね。

コラム > 進研ゼミ 赤ペン先生って?について書かれています。

進研ゼミ 赤ペン先生のフリーコメント♪

カテゴリー :進研ゼミ 赤ペン先生

ベネッセコーポレーションの通信教育教材、「進研ゼミ」における、添削指導員のことを「赤ペン先生」と呼びます。「赤ペン先生」は登録商標です。「進研ゼミ」では小学講座・中学講座・高校講座それぞれのテキストに、受講科目のペーパーテストが綴じ込まれており、それを解いて返送すると、赤ペン先生が丁寧に答案を採点し、答案の出来具合に合わせた勉強アドバイスなどを赤ペンで記入して送ってくれます。「小学講座」の赤ペン先生だけは担任制を採っており、1年間は基本的にそれぞれひとりの先生が担当してくれます。
添削の内容だけでなく、自分が書いたコメントに赤ペン先生が返事をしてくれるフリーコメントも楽しみのひとつです。先生をわざと困らせるコメントを考えるのが流行した時期もあったような気がします。
ちなみに同様の添削制度は「こどもちゃれんじ」にも存在し、「あったかおてがみ」に絵などを描いて送ると「あったかせんせい」から返事がもらえるそうです。残念ながら、しまじろうあてにお手紙を出しても返事は来ないそうです(笑)

コラム > 進研ゼミ 赤ペン先生のフリーコメント♪について書かれています。